2006年11月24日

セーラー服と機関銃最終回

みんな…死んじゃいましたね(T_T)

生き残ったのって結局は、泉ちゃんと真由美さんと

逮捕された浜口組の面々位ってこと?


三大寺さんのアレは「何で〜?」って感じでした。

それ以上に「何で〜?」だったのがラストシーン…

うーん…



泉の元にかかってきた電話の浅草東署の刑事の声、

一瞬小市マンに似てるけど違うよなーと

思ってたらその声の主は

サプライズゲストの平田満さん!

前にもそんな話題が出たことがありましたけど、

平田さんと小市さんって面影が似てるんですよね。

逆光で平田さんが映ってたシーンなどは

ええ?黒木復活?」とか一瞬思ってしまいましたが

当然そんなはずもなく(^_^;)



今週の黒木刑事。(終)

5話を見たときには「今回が一番だろうなー」と思い

6話を見たときには「いいや。今回こそが最高潮!」と思った

黒木さんの憎まれっぷり。

しかし最終回でも更に輪をかけて憎まれましたねー。

最後まで憎まれたまま!

いいぞ!黒木さん!

正義というものは悪があるから成り立つ」って!

あなたは4人だけだけど先生は日本を背負ってる」って!

アンタ、ヒデえよ!

あーとことん悪いやっちゃなー。



そして今回「これよ!これぞ小市マンなのよね!

と大興奮してしまったシーンもいっぱいでした。


機関銃乱射直後の泉に向かって拳銃を構えた

黒木さんに三大寺が「やめなさい」と

言った瞬間に振り向いて俯く表情!

「大事な家族を失った気持ちがわかるはず」と

諭された三大寺の心境を瞬時に察したんでしょうね。


それと、今回は何と言ってもここ。

機動隊が踏み込んできた時の

「俺は警察だ!」「そいつらを確保しろ!」

と浜口を捉えさせた際に手錠をかけられた

浜口に向けたあの不敵な笑み!!!

もうね、たまらんですよ!

この期に及んでもとことん卑怯なやっちゃなー、と

視聴者を憤らせたその瞬間に背後からぶすっ!


ま、そのせいで蘭丸に刺されちゃったわけですが。

「小姓」って設定に当初「?」だったのですが、

このシーンの「社長を裏切るヤツは許さねぇっ…」に

全て集約された感じでしたね。

ただの秘書とか組の若い衆って以上に

忠誠心があるお小姓さんだったからこそ

裏切り者を許せなかったんだろうなあ。

それとうさちゃんリンゴを見事に作るナイフの遣い手、

というのも先週と今週の刺殺に繋がったのですね。



んー、でも。

黒木さんはどうしてふとっちょに手を貸したの?

そこのところの説明が欲しかったなあ。
【小市マンに関しての話題の最新記事】
この記事へのコメント
ついに完結!最後まで悪いヤツ、初志貫徹でしたね。思い起こせば、第1話から悪役として“すき”が無かったのかもですよ。黒木刑事の存在感を見せつけてくれて・・・ありがとう!って感じです。そして最期も期待を裏切らなかったですね。あくまでもズルく、憎ったらしい人間で死んでくれて、それでこそ黒木ですよ。結果、決める時をはずさない役者さんのイイ印象を残してくれましたね!しかし内容をすでに知っていたはずなのに、なぜか新鮮でした。
でもドラマが終わって次は舞台へと、私達も気持ちを切り替えなきゃですね。紀伊国屋ホールでまた同じ空気と感動を味わいましょう!どうぞ良いご縁を!!

あ、そうそう・・なぜ、ふとっちょに手を貸したのか?私も気になってきました〜。
Posted by デニコ at 2006年11月26日 00:44
ん〜〜〜、最後の最期まで、良かったですね〜〜。
こう来るか〜〜って、ちょっと嬉しかったりして(^_^;)
黒木刑事目線で三大寺のストーリを。。。やってくれないですかね。

平田さんが出て来た時には、
『ん?小市さんと似てるから?のキャスチング??』
と、私も思ってしまいました(*^m^*)
Posted by ぱた at 2006年11月26日 11:25
またまた、トラバお願いしますね〜〜♪
ヨロシクお願いします!!
Posted by ぱた at 2006年11月26日 12:51
>デニコさん
すきのない悪役…黒木さんはまさにそれですよね。
同情させる余裕をこれっぽっちも与えないままで散っていったことでむしろ清々しさすら感じました。
ズビズビ。では黒木さんから想像も付かないようなたっぷりのギャップを見せ付けられるのでしょうか?
楽しみですね。


>ぱたさん
>こう来るか〜〜って、ちょっと嬉しかったりして(^_^;)
 殺されちゃったので本来ならがっかりするはずなのに、黒木さんに関してはあのラストは確かに嬉しかったです。
黒木が何故三大寺の野望にあそこまで陶酔していたのか。
その点を緒形さんと小市さんでしぶーく演じるサイドストーリー…
贅沢な作品になりそう!見てみたいですね。

TBこちらからもお願いします!
ただ、seesaaのサーバーが不調でTBが上手くいかない場合もあるかもしれません。
もしダメだったら再度TBしてみて頂けますか?
Posted by Qoo at 2006年11月27日 01:17
Qooさん 初めましてm(_ _)m
ぱたさんのとこから飛んできました胡蝶と申します(^o^)

ホント悪人小市マン最高っ!(笑)
だけどアタシも「黒木がなぜふとっちょの犬に成り下がったのか」が気になりました。
甘い汁でも吸えたんでしょうかねぇ・・。

それから平田さんの声、あんなに小市さんに似てると思いませんでした〜びっくり!

こちらの記事にTBさせて頂きたいのですがよろしいでしょうか?(^-^)
Posted by 胡蝶 at 2006年11月27日 16:09
>胡蝶さん
こちらでは初めまして!チャット大会の時にはお世話になりましたm(__)m
小説版では確か黒木がヘロイン取引に手を貸していた理由が明らかになっていたと思うのですが、結構「そりゃそーだろうけど、それだけ?」みたいな理由だったはず。
ドラマではその辺をどう脚色するのかな?と楽しみにしていたのですけど…

平田さんって普段はあまり太くはないけど渋い声ですよね。あの電話の声は特に太く聞こえたので小市さんに似て聞こえたのかもしれませんね。

TB、どうぞお願いします!こちらからもさせていただきます&ブログお邪魔させて頂きます(^o^)丿
Posted by Qoo at 2006年11月28日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

最後の最期は・・・・
Excerpt: “悪”の最期は、こうなんですね。 『セーラー服と機関銃』、最終回を迎えました。 ラストは、回想シーンやら、その後やらが多くて、 ちょっと残念だったのですが、 知らないうちに、ぽろぽろ涙..
Weblog: そこそこにのほほん..
Tracked: 2006-11-27 15:02

セーラー服と機関銃 最終話(小市ファン目線)
Excerpt: とうとう最終回を迎えてしまいました〜 今日は相方が用事でいないのでひとりでたった今見たところです。 大泣きとはいかないけど泣きっぱなしでした(笑) 黒木刑事ほんっと最期まで悪いヤツ! でもしっ..
Weblog: 夢見鳥の弁明
Tracked: 2006-12-01 21:01
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。