2014年05月21日

扉座「つか版・忠臣蔵〜大願成就討ち入り篇〜」4/29(火)

感想をまとめて表現することが何度試みても

どうにも上手いこといかなかったので、

観劇からかなり時間が経ってしまいましたが…



先月29日、新宿紀伊國屋ホールで

幻冬舎プレゼンツ 劇団扉座第55回公演『つか版・忠臣蔵〜大願成就討ち入り篇〜』

の千秋楽公演を見てきました。
tukaban2014.jpg


再々演となった今回の公演。

前回に引き続いての「幻冬舎プレゼンツ」で、

サブタイトルは「大願成就討ち入り編」。


演劇と、つか作品と、見城さんと、そしてつかさん本人と、

横内さんが、岡森さんが、扉座が、

出会うきっかけとなった現場である演劇の聖地・紀伊國屋ホール。


そんな数々の出会いが重なったこの紀伊國屋ホールで、

見城さんの応援を得て、つかさんの作品を、

横内さんが作・演出して、岡森さんが主演して、扉座が公演する…


そのいきさつだけでも1本の作品に仕上がるのでは?

というくらいに綿々と繋がった劇的な出来事の連鎖によって

この作品が再演されるに至ったわけですが、

(それについては再演の観劇感想記をご参考までに)

今回の「大願成就討ち入り編」は聖地での公演という

更なる劇的要素が加わることとなりました。


その、聖地での「大願成就」を見たときに真っ先に浮かんだ感想。

「ああ、横内さんは30数年前、ここからこんな風景を見たのか…

その風景を、30数年経った今、私たちにも見せてくれているんだろうな…」


どうだ?こんなの見せられたら、ハマるのわかるだろう?

そう、横内さんから言われている様な気すらしてきて。


そりゃ、ハマりますって。

あの溶鉱炉の中のように燃え滾るステージ上の熱量と

劇場全体を包むえもいわれぬ一体感を体験してしまったら。



そして何より、すごかったです!

溢れかえる男たちの色気が!!!


番傘を構えて阿久里の元へ向かう其角。

白いタキシード姿で花束乱打する近松。

「意味など無い!」と言い切る内蔵助。

藩のために命をかける赤穂浪士たち…


板の上が男の色気でむせかえってて、

そのセクシーさに最初っから最後まで痺れっぱなしでしたよ!


…いや、決して即物的な意味ではなくてですね。

人間の内側から滲み出てくる気品というか。

生きること、ひいては自分を表現することへの執着というか。

そういうものが「色気」の正体なのかな?

なんてフェロモンに中てられてクラクラしつつ感じたのですが。



ああもうなんだか支離滅裂な感想になってしまいましたが…


小劇場が最も熱気を帯びていたであろう昭和のあの時代の空気を

奇しくも昭和の日に体感したわけですが、

「あの頃は良かった」と単純に懐古するだけでなく

その「あの頃の良さ」を巧みに生かして

昭和と平成そして江戸時代までもが見事に融合していました。


欲に駆られ、嫉妬に狂い、生きることに執着して。

愚かだけれども、愛しき存在。

人間ってのは、根本的に変わっていないんですね。

昭和も、平成も、そして江戸時代も…
posted by Qoo at 03:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | お芝居に関しての話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

扉座「つか版・忠臣蔵〜スカイツリー篇Returns〜」3/3(日)

昨年6月の公演から僅か8ヶ月で再演を迎えた

扉座の「つか版・忠臣蔵〜スカイツリー篇Returns〜」。

3日の千秋楽公演を見てきました。
20130303-1.jpg


これまで数え切れない様々な舞台を見てきましたが、

「この瞬間に立ち会えたことが本当に幸せだなあ…」

と思えたお芝居というのはそう幾つもありません。

しかしながら今回は、その「そう幾つもない」瞬間の一つになりました。


特に、超満員の客席が総立ちとなってキャストを出迎えた、

3回目のカーテンコールの最中に…



最初にも触れたように、今回の舞台は僅か8ヶ月で再演されました。

初演を見て感銘を受けた幻冬舎の見城徹社長からの

熱烈なバックアップでこの異例のスピード再演が実現したことは

横内さん岡森さんのブログで幾度となく触れられています。

そしてその、見城社長が横内さんに呼び込まれて

客席から舞台に上がり挨拶をしたのですが…


その言葉を耳にした瞬間に、思ったのです。

「ああ、この瞬間に立ち会えて、幸せだなあ…」と。


と、同時に

「もしかしたらこれは、歴史的瞬間に立ち会えたことになるのでは?」とも。


見城さんの挨拶が、本編とは別の、

もう一つのラストシーンを作り上げたように見えたから。



演劇にあまり興味のなかった高校生の横内少年と岡本少年が

つかこうへい作品と出会ってその世界観にのめり込み、

その後偶然に見城さんに出会い、ついにはつかさん本人にまで繋がって。


しばらくの時を置き、つかさんの追悼公演として行った

初演で久しぶりに再会した見城さんが

しないと決めていたブログを立ち上げてまで舞台のことを宣伝し、

更に再演のスポンサーになっただけではなく

「若者に安く舞台を見て欲しい」ということで

チケット代が破格の値段に設定されただけに留まらず

学生を無料招待する回まで設けて。
20130303-2.jpg


そして、カーテンコールで、その見城さんがこう言ったのです。

「今日の公演を見て確信した。横内謙介はつかこうへいを越えた」。



つかさんと盟友であった見城さんのその一言。

つかさんに憧れ続け、今回の作品にもつかさんへの

深くて熱い愛情をたっぷりと注いで作り上げた横内さんにとっての、

そしてに扉座にとってのこれ以上ない最高の讃辞。


感慨深い表情の横内さんや岡森さんを見ていると、

それはまるで現実世界の中で長く長く続いていた

「ホテル・カリフォルニア」の続編が

完結した瞬間のようにも思えたのでした。


かつて横内さんが高校演劇部時代の思い出を戯曲化して

「ホテル・カリフォルニア」という舞台が上演されましたが、

今回のこの「つか版・忠臣蔵」が再演に至るまでの

様々なエピソードもそれだけで一つの作品として

成立しそうなくらいに劇的で感動的な逸話が満載だったように思うのです。


「ホテル・カリフォルニア〜第二章〜」。

…横内さん、如何でしょう?
posted by Qoo at 02:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | お芝居に関しての話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

扉座「人情噺・端敵★天下茶屋」10/14@厚木

ちょうど1週間前になりますが、先週14日日曜日に

扉座の「人情噺・端敵★天下茶屋」を見に厚木へ行ってきました。
hagataki-atsugi.jpg


公演がまだ残っているので詳しい感想は避けますけれど、

今回の扉座はとにかくたっぷり笑わせてくれます!

いつもの扉座を意識して見に行くと、かなり面食らうかも。


主役である「小悪党」を演じる六角精児さんのあまりのクズっぷりは

「ここまで救い様のない人間はいるものか?」と思わせられるのですが、

それでも昨今起きている不可解で残酷な事件の数々のことを思い出すと

「…あ、いや。いるか。ああいう人たちはこういう精神構造になってるんだろうな」

などと妙に納得させられたりもして。


「信じるものは救われる」ということわざがあるその一方で

「正直者はバカを見る」ということわざもあるこの矛盾。

けれどもそれは決して矛盾ではないのですね。

六角さん演じる小悪党の側からしたら後者となる出来事も、

岡森諦さんたちが演じる悪役集団からしたら

完全に前者の出来事になってしまうわけで。

そこにある真実が、どうであれ。


「人を信じられるのは幸せなこと」

額面どおりの意味でも、皮肉な意味でも、

つくづくそう感じさせられる今回の作品。


たとえ傍からはバカを見ていると思われたとしても、

正直に信じることを選べる人間が本当に幸せなんだろうなあ…

この人たちは、本当の意味で幸せ者だなあ…

こんな風に人を信じられたら、どれだけ幸せだろう…


ラストの、岡森さん演じるデラさんの真っ直ぐな眼差しを見るにつけ

そんなことをしみじみと考えた舞台でした。



座・高円寺では28日の日曜まで、

そして北九州黒崎ひびしんホールでは11月2日3日に

それぞれ公演がありますので、是非ゼヒお見逃しなく♪
posted by Qoo at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | お芝居に関しての話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

「あたっくNo.1」8/28@新国立劇場

10日ほど前のことになりますが。


岡森さんご出演の舞台、方南ぐみ×劇団EXILEの

「あたっくNo.1」東京千秋楽を見てきました。



何度も再演を繰り返されているこの作品。

私は今回初観劇だったのですが、

初めて見てみてその「何度も再演が繰り返されている」

理由が良くわかりました。



「意義のある作品」

見終わって、真っ先に感じたのがこの一言でした。


この先もずっと続けていって欲しい作品だと。

いや、もっと言えば、続けていく「べき」作品だと。



いまやほとんどの世代が教科書やテレビ番組でしか触れていない太平洋戦争。

あの時代の人々がどんな風に感じ、どんな風に生きていたのか。

それについて我々とは全く別の、どこか違う次元の話のように感じられてしまって。



誕生日に関係なく正月に皆いっせいに年を一つ取り

家長制度が根強く長男とそれ以外の扱いに大きな隔たりがあったあの頃の日本では、

一人一人の命の重さが現代と比べると相当軽んじられていたのではないかと。


実際、大きな括りではそうだったのかもしれない。

けれども、マクロな部分ではあの頃も現代も全く同じこと。

笑い、泣き、喜び、苦しみ、寝て、起きて、ご飯を食べて、恋をして…

あの頃も現代も、同じ様に日常を過ごしている。

それと同じ様に、人々の根本にある思いも何一つ変わっていない。



愛しい人の命が何にも代えがたく、何よりも大切である、ということは。




彼らの思い。

それを真正面から受け止め、

更にそれを真っ直ぐに見る側に届けようとする

出演者それぞれの思いが苦しいほどに舞台上から伝わってきて…



…やはりこれは、続けていく「べき」作品なのではないかと痛感しました。


二度と、彼らのような悲しい思いを、もう誰にもさせないために。




地球上から戦争が無くなる、その日まで。
タグ:観劇 岡森諦
posted by Qoo at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | お芝居に関しての話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

扉座第50回公演「つか版・忠臣蔵〜スカイツリー篇〜」6/17(日)

見に行ってから3週間経ってしまったので

かなり今更感のある観劇感想ですが…(^_^;)


先月6月17日に、すみだパーク○倉で行われた

扉座の記念すべき第50回の公演となる

「つか版・忠臣蔵〜スカイツリー編〜」を見てきました。



その名の通り、劇場はスカイツリーのお膝元にあります。

錦糸町駅から向かっていくとただでさえ大きなスカイツリーが

近付くにつれて更に大きくなっていくのを体感できます。
20120617-1.jpg

20120617-2.jpg

20120617-3.jpg


歩くことおよそ15分。

のどかな下町に突如現れたのがこのド派手な幟と招き看板。
20120617-4.JPG

20120617-5.jpg

20120617-6.jpg

出演者である役者さん自らが場外でお出迎え&ご案内。

入場前から既に忠臣蔵ワールドに迎え入れられました。



さてそんな「扉座版」の「つか版・忠臣蔵」。

その感想を一言で表すと…


「扉座ってこんなにもいい男揃いだったんだー!!!」


…え?

そんなわかりきったこと、今更声を大にするまでもないって?

いえいえ、もちろん、存じ上げておりました。

でも、ほんっとーに、一番印象強かったのがそこだったのです。

舞台の上にいる全員が全員、とにかくみんな。


元々ハンサム担当さんは当然のこと、渋いベテランさまたちも、

ワイルドな個性の方々も、コメディリリーフな役回りが多い方々も、

そして男役をしている方だけではなく女性の役だった女優さんたちも。


みんながみーんな、どうにも「いい男」っぷりで。

惚れぼれしてしまいました。


そして、もう一つ思ったのが

「今回のこの舞台がとても大きなきっかけになってチャンスを掴む、

特に若手の役者さんがたくさん出てくるのでは?」ということ。

未来のスターの誕生の瞬間を目撃したような予感がしています。
posted by Qoo at 01:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | お芝居に関しての話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

2011年に見た舞台

2011年もあと1日。

毎年年末の恒例にしている、

今年拝見した舞台のまとめです。




◎劇団扉座「Arts Fusion in KANAGAWA Part 2リボンの騎士〜鷲尾高校演劇部奮闘記〜」2/26マチネ

2011年02月26日 リボンの騎士見てきました

2011年02月28日 リボンの騎士〜鷲尾高校演劇部奮闘記〜


◎「日本の劇」戯曲賞 最優秀賞受賞作品「オトカ」3/27マチネ

2011年03月27日 「日常」と「非日常」

2011年04月01日 オトカ


◎劇団扉座30周年記念公演「アトムへの伝言」6/19マチネ

2011年06月19日 「アトムへの伝言」新宿公演千秋楽

2011年07月05日 扉座30周年記念公演「アトムへの伝言」感想


◎演劇ユニットトレランス「アセンション日本」7/26マチネ

2011年07月27日 トレランス「アセンション日本」


◎劇団扉座創立30周年・レイネット創立15周年記念合同企画 音楽劇「オリビアを聴きながら」9/18ソワレ&9/24ソワレ

2011年09月19日 音楽劇「オリビアを聴きながら」初日

2011年09月26日 音楽劇「オリビアを聴きながら」千秋楽


◎劇団扉座「人情噺 紺屋高尾(こうやたかお)」11/27マチネ&12/6 ソワレ

2011年11月27日 扉座「人情噺紺屋高尾」11/27@厚木

2011年12月06日 扉座「人情噺紺屋高尾」12/6@高円寺


今年は全6作品・8回の観劇となりました。


「オリビア」と「紺屋高尾」の観劇感想を

ほとんど書いていないままで年を越してしまうのが

とても心残りです。


どちらも本当に心に残る素晴らしい舞台だっただけに、

だからこそその心に残ったものをきっちりと形にして

残しておきたかったのですけれど…

それがなかなか敵わないことが自分でも悔しいです。





今年は特に舞台の持つパワーというものを実感して、

またそれに幾度となく救われました。


不安に心がかき乱されて落ち着かなかったり

暗く悲しく落ち込んでいたときに舞台を見て、

ほっと落ち着いたり俄然元気が沸いてきたり

冷え切っていた心が温もりを感じられるようになったり。


どれだけの勇気を、希望を、愛情を、与えらえたことか。


舞台の、お芝居の、演劇の底力。

改めて見せられました。

…魅せられました。



ありがとう。

本当に、感謝しています。
タグ:観劇
posted by Qoo at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | お芝居に関しての話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

扉座「人情噺紺屋高尾」12/6@高円寺

厚木公演から約10日。

座・高円寺での「紺屋高尾」を見てきました。


前回の厚木は日曜の昼間ということも

影響していたのでしょうか、

観劇前後を含めても客席の空気感や

劇中に起こるリアクションというのが

どことなく商業演劇風な雰囲気があったのですが、

今回はもう少しドライというか

小劇場的な空気感だったように思えました。


…ただ、今回のこの演目の場合には

その「商業演劇風」の客席の雰囲気が特に

しっくり馴染むように感じていますけれどね。

実際、最初に見たときの率直な感想は

「このまま明治座で公演出来そう!」でしたから。



今日は劇場に向かう道中では凍えるような寒さの中

冷たい雨が降りしきっていましたが、

終演後劇場を出るともうすっかり雨はやんで

雲の隙間からうっすらと月が顔を出していました。


うーん。

まさにこの舞台を見終えた今の心境そのもののような。



劇場からの帰り道にふと、

心にほんのり優しく暖かいものが

灯ったことを感じられる…

そんなお芝居だと思います。


座・高円寺での公演は11日の日曜日までです。

どうぞお見逃しなく!
posted by Qoo at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | お芝居に関しての話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

説得力のある美しさ

さて、そんな「人情噺 紺屋高尾」に

ご出演されている賀来千香子さんが

今日のはなまるマーケットのゲストでした。


直前まで別の舞台に出られていたために

お稽古に合流して3日目には通し稽古に入って

家の廊下で台本を読んで台詞を覚えたほど

大変なスケジュールの中での開幕だったそうで。


お稽古中の様子も映像で紹介されてましたけど、

その際、後ろにがん平さんと松本さんが

しっかり映りこんでいたのを見逃しませんでしたよー^m^


まーしかし。

テレビで見てももちろんですけど、

実際に見たらほんっっっっっとーに!!!

お綺麗なんですよー!!!

賀来さんったら!!!


昨日も舞台に出てきた瞬間に客席が

どよめきましたからね。

あまりのその美しさに。

私の後ろに座っていたおばさまも

「綺麗ねえ…細いねえ…」とため息混じりに

ずーっとつぶやき続けてましたもん。


今回賀来さんは大スターさんの役なので

美しく振る舞って当然なのですけど…

何て言うんでしょうね、

その美しさに説得力があるんですよね。


ある瞬間に内面の美しさが一層輝きを増していく

というシーンがあるのですが、

その時のきらめき方というのが本当に

素晴らしくて…ため息ものです。



そんな賀来さんの美しさを更に間近で見られる

高円寺での公演は12/1からスタートですよー!
posted by Qoo at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | お芝居に関しての話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

扉座「人情噺紺屋高尾」11/27@厚木

今日は、厚木文化会館で扉座の公演

「人情噺 紺屋高尾(こうやたかお)」を

見てきました。



真っ当に一生懸命生きる人が報われるような

真っ当な世の中であって欲しいし

これからもそうなって欲しい。

そのためにも真っ当に一生懸命生きていこう…


今回の舞台には(にも?)横内さんの

そんなメッセージが込められていたように

私には感じられました。





12/1(木)から12/11(日)までは

座・高円寺で公演があります。


今のこの世の中を「世知辛い」と

感じている人にこそ見て欲しい、

暖かい人の情というものは

いつの時代の人間にも必ず宿っている

ということを再確認させてくれる舞台です。



詳しい感想は、全公演終了後に。
posted by Qoo at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | お芝居に関しての話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

音楽劇「オリビアを聴きながら」千秋楽

「劇団扉座創立30周年・レイネット創立15周年記念合同企画

音楽劇 『オリビアを聴きながら』」


18日の初日に続いて24日夜の千秋楽公演も見てきました。


カーテンコールではスタンディングオベーションが湧き上がり

鳴り止まぬ拍手で最終的にはトリプルカーテンコールにまでなった、

大盛況で大感動な大千秋楽でした!



…その歌声が、踊りが、ピアノのメロディーが、

滂沱の涙が、震える指先が、切ないシーンの数々が、

未だに頭から離れません。


しばらくこの余韻は消えそうにはありません。


素晴らしいキャストが勢揃いして、

それぞれが持ち味を最大限に生かした

素晴らしいエンターテイメントを見せて下さいました。



音楽の力を、演劇の力を改めて感じました。


楽しい時間を、ありがとうございました。





お芝居の詳しい感想に関しましては、後日改めて。
posted by Qoo at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | お芝居に関しての話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。